京都の寒さに恐れおののく


 今日は初詣ということで、友人たちと一緒に京都の清水寺等に行ってきた。

 私は、生まれてこの方十六年間、一度も初詣というものに言ったことがない。ええ、そうなんですよ、奥さん。だから、昨日はどきどきわくわくで夜も眠れなかった。夜は、皆さん寝ましょうね。健康に悪いぞ。

 昨日は夜中の十時に布団に入ったのだが、一時ごろまで寝付くことができなかった。で、ようやく眠りにつけたと思ったら、やけに体力を使う夢を見た。

 なんなんだろう、あの夢は。外から帰ってきた私は、夢の中で自分の部屋にいる。で、はいていたジーパンをふとはたいてみたら、なんとポケットからがぼとぼと落ちてくる。おい、なんじゃこりゃぁ。

 仕方なく、箒を使って部屋を掃除。でも、部屋にこびりついた泥の後を消すことができないぜ、おい。ということで、なぜか私は足をバケツの中に突っ込んで、床を擦るように掃除します。ふきふきふき、と。まったく、効率が悪いと言ったらしかながないではないか。ちっ。

 で、途中で目が覚めたのだが、なぜだかとてつもなく疲れていた。まあ、夢の中でも、脳が働いているのであって、衝撃的な夢を見ると、汗もかくし心臓も激しく脈打つらしい。おお、学んでるぞ、私。

 で、京都に行く途中に友達にその夢のことを話してみたのだが、「いや、普通に雑巾使えよ」と一蹴された。とほほ。

 今日は初めての初詣だったのだが(人生初めての、という意味)、雪が本当にすごかった。
 う~寒いよぉ。

 でも、雪景色は本当にきれいだった。裸の木々に雪が散って、まるでサクラが咲いたようだった。

 ということで、今日はここまで。
[PR]

by sinsekaiheto | 2007-01-07 18:38 | 日記