修学旅行

 
 先日、中学生時代の思い出を・・・、とか何とか言いつつも、修学旅行に行ってしまってその時の出来事を記さなければ早々に忘れそうなので、ここに書き記しておきます。


 修学旅行の行き先は、北海道(でっかいどう)であります。三泊四日のたびでした。ジンギスカンキャラメルが食べれることに胸をわくわくさせながら飛行機に乗り込み、何度も墜落しないのかな、と疑問に思い、飛行機から降り立った地のあまりの寒さに思わず「しびれる」などとほざいておりました。ちなみに北海道弁で寒いを「しばれる」というらしいです。「しびれる」というのは足などが、ぴりぴりと痛むことです。「しばれる」と「しびれる」との関係はただいま調査中です。


 さて、北海道は流石に寒かった。私の住んでいる町の12月上旬の寒さだとかいわれ、「いや、俺、防寒着なんてもってきてないよ」と思いました。馬鹿です。ただの馬鹿です。半袖のシャツを上に羽織るためにもってきたよ、といったら、友達に大いに笑われました。


 まず、ノーザンホースパークというところへ。馬がたくさんいました。馬車もありました。動物虐待だと思いました。友達と二人乗りの自転車に乗り込み、自分のハンドル裁きのあまりの恐ろしさにびっくりしました。何度車にぶつかりそうになったことか。わーきゃー言いながらも、楽しかったです。


 その後、ホテルへと行きました。ル○ツリゾートというところです。でかいです。さすがルス○。ホテルの中にメリーゴーラウンドがあるって、どういうこと?


 というところで、一日目は終わります。だいぶ詳細は省きました。ひとえにめんどくさいからです。ではまた。
[PR]

by sinsekaiheto | 2007-10-20 09:41 | 日記