脱受験生宣言


 いやぁ、お久しぶりです。5ヶ月ぶりのHOMAです。

 このたび見事志望校に合格し、一年間の勉強がようやく実を結んだところでございまして。

 これもひとえに皆々様の応援のおかげでございます、などと腰を低くお礼の言葉など申し上げてみるHOMAでした。


 ところで合格発表の日のことで・・・。


 その日は9時に発表があったのですが、ネットで自分の番号探しをするのがいやだった僕は(だって、あれ緊張するんだもん)、親がやってくれるだろうと期待して自分の部屋でゲーム。


 9時になって、どきどきしながらゲームをしつつ(正直ゲームどころではなかった)、母親が結果を言いに来るのを待っていたら、ちょうど部屋に入ってきた姉が一言、


「え、お母さん、You Tubeでドラマ見てたで」


 をい!と思わず突っ込んでしまうHOMAだった。


 で、よくよく考えてみれば、母親僕の受験番号知んねぇや、っということだったので、受験番号を確実に知っている父がおきるのを待つ。


 父起床。でも、全然結果を伝えにこない。


 痺れを切らした僕(というか、これ以上のぷれっしゃにたえきれなくなった)が階下に降りて、

「発表見ようや」といいました。泣く泣く。


 親父は「そうか、早く落ちてることを知って気持ち切り替えるのも大事やしな」といいました。え、落ちること前提?

 その後、合格発表の数字の列に(もうまさしく悪魔の数列でしたね、あれこそ)息子の番号を見つけた母が一言。


「嘘や、これ絶対間違ってるで。何かの間違いや」

 ってをい!


 親父まで、


「間違いやったときちゃんと抗議できるように、今エクセルに保存したからな。だから合格通知書がくるまで勉強しとき」


 そこまで息子を信じられないかねぇ。うちの親は。



 その後、母親に言われたことは


「いまやから言うけど、あんた全然勉強してなかったもんな。100パーセント落ちるとおもってたけど、不思議なもんやね。ははは」



 うっせぇ、ほっとけ、とおもったHOMAでした。
[PR]

by sinsekaiheto | 2009-03-09 13:00 | 日記