2007年 02月 03日 ( 1 )

あなたと出会わなかったら・・・(2)


 BACK

 見上げた屋上の上に、人影が見えた。
 
 赤い空が広がっていた。
 
 悲しいときって、どうしてこんなにも空がきれいに見えるのだろう。


 小さくなっていく背中を見送った。
 
 二人乗りのカップルが、ゆらゆらと私の前を通り過ぎる。
 
 どうしてだろう。何もないはずの心の中に、悲しい気持ちが広がっていく。
 
 私は、どうしようもなく孤独なのだ。そう、改めて思い知らされ、他人(ひと)のぬくもりが恋しくなった。


あなたと出会わなかったら・・・。


 
*            *

 毎朝、七時半に家を出る。
 
 バス停までの道を、ただひたすら走り抜ける。彼は毎日私よりも早くそこに立っていて、毎日笑顔で「おはよう」って言ってくれていた。
 
 あの日から、私は通学路を変えた。
 
 遠くから彼を見るだけでも泣けてくるのに、笑顔なんて向けられてしまったら、たぶん正気じゃいられない。


 予鈴の音と共に校舎の中に飛び込むと、同じように急ぎ足の美紀とぶつかった。

「セーフ。いつもなら遅刻ぎりぎりなのに」
「美紀。今もけっこうやばいから」
「大丈夫だって。一時間目、山ちゃんの数学だよ。遅れたって怒られないよ」

 美紀はうちのクラスの担任の数学の先生の名前を挙げた。中年になって急に老け込んだらしい彼は、授業中うるさくしたってめったなことでは何も言わない。だから、クラスの連中に、良いように馬鹿にされている。


「あ、勇気だ!ゆうき~!」
 
 そこに、彼がいた。

 眠たそうにあくびして、美紀が手を振っているのに気づき、あの頃と同じ、人懐こい笑顔を浮かべた。
 
 いやだな。そんなつもりなんてないのに、思わず視線をそらしてしまった。俯く私。多分彼は、嫌な思いをしているだろう。誰だってそうだ。私は、そんな自分に嫌気がさした。


「眠そうだね、勇気。珍しいじゃん、あんたが遅いなんて。陸上部の朝練はどうしたの」
「休んだ。最近ちょっと風邪気味でさ」
「ほんと、大丈夫?」
「ああ、大丈夫だよ」

 そう言って美紀に微笑みかける彼を見ていると、心の奥で何かがずきりと蠢いた。

 どうしてなんだろう。こんなにも辛くて苦しいというのに、どうして私は彼に対して、素直になることができないのだろうか。

「ねぇ、チャイム鳴っちゃうよ。早く教室に入ろうよ」
「どうしたのよ、真央。急がなくたって大丈夫だって。次、山ちゃんなんだから」


 違うよ。そう言うことじゃないんだ。美紀って、こういうときに何で鈍くなっちゃうのかな。

「あ、そういえば、勇気と真央って、おんなじ中学なんだよね、F市の。どうして何も喋らないの?」



 ・・・あ、勇気・・・。どうしてよ。

 どうして彼は、そんな、悲しそうな顔で微笑むんだろう。


「どうしてかな。前島さんは俺のこと、なんか嫌いみたいだしさ」
 

 
 そんなことはない。私は、どうしようもなく、あなたのことが好きなのに。それなのに、素直になれない自分が憎い。途方もなく立ち尽くしても、泣き叫んでいるときでさえ、あなたの温もりだけが救いの手のひらだったのに。


 まお。・・・まお。


 私の名前を呼ぶ、あなたの優しい声が好きだった。その声さえ聞けば、安心することができたのだから。

 彼が私のことを、名前で読んでくれることは、もう二度と、本当にもう無いのだろうか。

 悲しくなった。悲しくなって、奥のほうから、何か熱いものが溢れ出してきて、困った。

「ちょっ、真央。あんたどうしたの?」
「へっ?」

 驚いている、美紀と彼の瞳が、私の中に飛び込んできた。


「真央、泣いているの?」
 
 どうして?あの時、後悔はしないって決めたのに。私の人生は、どうしてこうも、後悔だらけでできているのだろうか。もういやなのに。こんな思いなんて、もう二度としたくなかったのに。


「ごめん。あたし先に戻るね」
 

 笑顔を浮かべよう。今できる、私の精一杯の笑顔を浮かべて・・・。


「ちょ、真央!!」

 美紀の声が聞こえる。私は彼女の瞳に背を向けて、あの日と同じ、転がるように逃げ出した。


 もうだめだよ。勇気。

 あんたを思い出さないようにすればするほど、私の中であんたは大きくなるんだもの。
 
 ずるいよ、あんたは。


 あなたと出会わなかったら、どれほど楽に生きれただろう。
 
 少なくとも、こんな思いをしなくてすんだ。
 
 あなたのことが、忘れられない。


 あなたと出会わなかったら・・・。


                                               NEXT
[PR]

by sinsekaiheto | 2007-02-03 09:09