2007年 02月 09日 ( 1 )

あなたと出会わなかったら・・・(7)

 
 BACK

 
 電話の、ベルが鳴り響く。
  
 不吉な音だ。

 私と、彼のとの仲を裂く、不吉なベルの音だった。


 あなたと出会わなかったら・・・。


*                  *

 姉に、牛乳パックを買って来い、と家を追い出された。

 僕は、近くにあったコンビニエンスストアまで走り、牛乳とインスタントのラーメンをいくつか買った。家には、今は姉しかいない。両親は、結婚記念日の旅行だとかのたまって、朝から、どこかへ行ってしまった。


 清々しい朝だった。空は透き通るほどに青く、風は、ひんやりと気持ちがよかった。

 そのときの光景が、ずっと瞼に焼き付いている。

 コンビニから出てきたところにある道路を、まだ六歳くらいの小さな子供が、渡ろうとしているところだった。

 横からは、大型のトラックが、ものすごいスピードで、走って来ていた。

 危ない!と思う暇もなかった。思うよりも先に、体のほうが動き出していた。


 急ブレーキの音が聞こえた。長く尾を引くクラクションが、響いた。


 悲鳴が、聞こえた。突き飛ばした子供の、驚きに染まった泣きそうな顔。


 そして、世界から、音が消えた。


 引き伸ばされたかのように、すべてがスローモーションで、流れ出した。


 体に衝撃を感じて、あ、と思う暇もなく、僕は空中に放り投げられていた。



 がすん、と体がアスファルトに叩きつけられて・・・。


 空が見えた。どこまでも透き通っていきそうな、そんな空だった。


 なぜか、君の顔が頭に浮かんだ。泣き出してしまう前、あの頃の君がよく見せていた、あのくしゃりと歪んだ、笑顔だった。



*     *


「ねぇ、真央!どうしよう、どうしよう。勇気が、勇気が」


 ベルの音が、どうしようもなく、鳴り響いていた。

「真央!まおっっっっ」


 受話器の向こうで、美紀が泣きじゃくる声が、聞こえていた。


「美紀・・・、どうしたの・・・?」

 聞きたくは、なかったよ。その言葉を言ってしまうと、今まで止まってくれていたものたちが、猛スピードで動き出してしまいそうだったから。


 ねぇ、何であんな夢を見たのかな。勇気。私、わかんないよ。あんたの気持ちも、あんたが、考えてることも。全部、わかんなくなっちゃったよ。


 あの日見た夕陽の美しさは、まだ私の胸の中にしまってあるというのに、どうしても、彼の笑顔だけが、思い出せない。


「勇気が、勇気が、死んじゃったよー」


 私は、その時、どうしたのだろう。

 
 がたん、と天地がひっくり返ったような気になって、文字通り頭が真っ白で。

 私の手から、受話器が地球に吸い込まれるように、落ちていった。


 受話器が床にぶつかる、がつん、という硬い音が、聞こえた。

 何も、考えることはできなかった。私は、ただただ呆然と、壁に貼り付けてあったカレンダーを眺めていた。


 嘘だ。ユウキガシンデシマッタダナンテ、ソンナコトハ、ウソダ。

 私の頭は誤変換で固まってしまったパソコンみたいに、動かなくなってしまった。


 涙は、出なかった。実感も、何も、なかったのだ。



 あと、五日で、彼の十六歳のたんじょうびだったのに・・・。


                                                NEXT
[PR]

by sinsekaiheto | 2007-02-09 05:36