カテゴリ:日記( 107 )

一年の計は元旦にあり、というが・・・。


一月一日に立てた新年の決意が、早速ぽっきりと折れてしまったHOMAです。

 予習、復習。テスト勉強を少しでも早くから始めること。おお、こう書き連ねてみるとらしく見えるな。

 人生とは三日坊主の繰り返しである。なんだかYOU CANのCMみたいだが、本当にそうなのだから仕方がない。ところでYOU CANのCMだが、「三日坊主でも良いから初めて見ませんか?」ってそれじゃあYOU CANの思いのつぼじゃねぇか。

 なんだかずっと忙しい毎日が続いていて、ろくすっぽ予習もできないというのが現状である。英語の先生が残り英文が2ページぐらいあるテキストを見て、「うん。このレッスンは明日ぐらいに最後までいけそうだね」というのに腹が立つ。こっちは予習をするのに必死なんだよ。

 ということで今日はここまで。
[PR]

by sinsekaiheto | 2007-01-11 12:48 | 日記

新学期、始まる

 
 新学期が始まってしまった。これは大事件だ。有史以来、かつて例を見ない出来事ではないか。今日の朝礼で、皆が静まる前に体育館ががやがやと騒がしかったのは、きっとこの出来事について、皆思い思いのことを考えていたからだと思う。

 さて、私が通うN高では、なぜか始業式の日からテストがある。(三年生は授業)なんと言う学校だ、と突っ込みを入れてはいけない。先生だって、そのせいで必死に違いないからだ。

 今日も例に洩れずテストがあった。まあ、なんというか所謂宿題テスト、という奴である。宿題を以下に頑張ってきたかな~、と先生がほざきながら問題を作る。それを生徒は鼻歌を歌いながらゴミ箱に捨てる。とまあ、こんな感じだ。

 今回のテストは、いつにもまして難しかった。というのも私はこの冬休み、まったく勉強を放棄していたからだ。なんとなく、宿題テストの解答用紙を目の前に突きつけられたとき、自分の今まで十六年間の中途半端さを全部責められているような気がして、気がめいった。解答用紙は、大体半分くらいが灰色だった(?)

 クラブに行く前に生徒改質、おおとすまん生徒会室によって、この前行った初詣の写真を見せてもらった。おお、流石だ、文明の利器。変なところで感心してしまったのは、果たして私だけだったろうか・・・。

 お粗末だが、今日はこの辺で終わっておくことにする。
[PR]

by sinsekaiheto | 2007-01-09 16:20 | 日記

冬休み、終わる・・・。


 ち、冬休みが終わってしまうではないか。

 こんなものをのうのうと更新しているが、非常に宿題が危うい事態になっている。

 いまだに一つも宿題が終わっていなかったりして。まあ、はなから終わらせるつもりはあまりなかったのだけど・・・。

 宿題を一つ一つ取ってみると・・・

1、数学・・・あとちょっと、実は終わりそう。みなみちゃんごめんよ。
2、国語・・・百人一首の文法分解。あと60個。(ろくじゅっこぉ!!?)
3、英語・・・まったく手をつけていない。
4、現代国語・・・上に同じ。いいもん。これは提出が一月の最後だから。
5、現代社会・・・上に同じ。まあ、三十分ぐらいで終わるでしょう。

 とまあ、こんな感じ。

 いま、例の兄が妹を殺してばらばらにした事件の報道をしているが、いろいろとわかってきている。

 どうやら、家庭にもう問題があったようだ。兄と妹が三年間まったく口を利かない、って言うのは異常な気がする。(でも実はそうでもないらしい。仲が悪い兄弟は、ひたすら仲が悪いから。しかし、その中の悪さ、というのが殺人に結びついてしまうのは、どうかんがえても異常だ。)

 妹のほうは家族に対して引け目があったらしい。大学もあまり勉強のしなくて良い大学に入って、芸能活動を自由にして、と。

 たいして兄のほうは、そんな妹に嫉妬に似た感情を抱いていたらしい。俺は、こんなに勉強してこんなに難しい大学に入らなければいけないのに、何でお前は、とそんな感じだ。


 昔、尊属殺人がなぜ厳重に処罰されていたかというと、家族というのは切っても切り離せない存在だからだ。家族は個々の個性を尊重して、悪いところはカバーしあって、助けあって生きていくものだ。

 それなのに、こんな悲しい事件が起こってしまった。この事件を、社会の移り変わりだ、今の流行なんだ、とそんな無骨な言葉で片付けてしまうことはできないと思う。
 
[PR]

by sinsekaiheto | 2007-01-08 09:21 | 日記

京都の寒さに恐れおののく


 今日は初詣ということで、友人たちと一緒に京都の清水寺等に行ってきた。

 私は、生まれてこの方十六年間、一度も初詣というものに言ったことがない。ええ、そうなんですよ、奥さん。だから、昨日はどきどきわくわくで夜も眠れなかった。夜は、皆さん寝ましょうね。健康に悪いぞ。

 昨日は夜中の十時に布団に入ったのだが、一時ごろまで寝付くことができなかった。で、ようやく眠りにつけたと思ったら、やけに体力を使う夢を見た。

 なんなんだろう、あの夢は。外から帰ってきた私は、夢の中で自分の部屋にいる。で、はいていたジーパンをふとはたいてみたら、なんとポケットからがぼとぼと落ちてくる。おい、なんじゃこりゃぁ。

 仕方なく、箒を使って部屋を掃除。でも、部屋にこびりついた泥の後を消すことができないぜ、おい。ということで、なぜか私は足をバケツの中に突っ込んで、床を擦るように掃除します。ふきふきふき、と。まったく、効率が悪いと言ったらしかながないではないか。ちっ。

 で、途中で目が覚めたのだが、なぜだかとてつもなく疲れていた。まあ、夢の中でも、脳が働いているのであって、衝撃的な夢を見ると、汗もかくし心臓も激しく脈打つらしい。おお、学んでるぞ、私。

 で、京都に行く途中に友達にその夢のことを話してみたのだが、「いや、普通に雑巾使えよ」と一蹴された。とほほ。

 今日は初めての初詣だったのだが(人生初めての、という意味)、雪が本当にすごかった。
 う~寒いよぉ。

 でも、雪景色は本当にきれいだった。裸の木々に雪が散って、まるでサクラが咲いたようだった。

 ということで、今日はここまで。
[PR]

by sinsekaiheto | 2007-01-07 18:38 | 日記

我思う、故に我あり

 デカルトの名言である。まあ、なんとなく思いついたので、タイトルにあげてみた。

 さて、読んだ人もあるかもしれないが九尾狐からのコメントで、『それにしても元旦から宿題に取り組もうとするなんて、君も相当の馬鹿だねぇ。せめて3賀日ぐらい休みなよ。』なんと言う言葉が書き込まれていたが、

「ほう、そうか。三賀日ぐらいは休んで良いのか。じゃあお言葉に甘えて・・・」

 と呆けていたら、全然宿題が終わらねぇじゃねぇか。おい、どうにかしろ、九尾狐!!

 というわけで、一月五日のHOMAです。

 ところで、今日は猫DAYだったのである。猫DAYと書いて、「猫の日」と読む。なぜ猫デイかというと、少し嫌な話になるが、猫の死骸を二匹も見てしまったからだ。

 猫好きのHOMAにとって、それはあまりにもショッキングな光景だったので、少し眩暈がした。と言ったら大げさかも知れないが、嫌な汗がだ~らだら流れて、それはもう悲惨な状態だった。すんません。変な話で。


 はい、そういうわけで、何だか知らないがいつの間にか文体が変わってしまっていた。これを期にもういっそのこと文体をこれに改めようと思う。じゃ、そういうわけで。
[PR]

by sinsekaiheto | 2007-01-05 18:11 | 日記

新年の癖におもしろい番組がない

 おはようございます。新年早々HOMAです。

 ああ、舌がいたいのはどうしてでしょう。頭がひりひりと痛みます。あ、今日は駄目ですね。体長がバッダーです。

 で、新年の近況でございますが、全然おもしろい番組がないですね。何でこんなにもおもしろい番組がないんでしょうか。もっと漫才やれ!漫才。世界記録工場とか、どうでもいいからさぁ・・。

 最近、富に手持ちの金が増えていきます。ただいま一万円越えを、見事に達成。これこそお正月効果でありますな。さぁ、あとどれだけ伸びるのでしょうか。(もう伸びない気がする)

 頭が痛いのでそろそろ終わらせていただきます。みぢかい、とかクレームは受け付けません。頭が痛いんです。もう堪忍して。
[PR]

by sinsekaiheto | 2007-01-03 18:08 | 日記

 無理無理、ずぇ~たい、無理!

一月一日。新年、明けましておめでとうございます。
 
 今日は思い切り寝坊してやろうと、昨日これでもか、と夜更かししたというのに、母親に叩き
起こされ、九時半起床。

 その後、朝飯を食べて、さあ宿題をやらねば、と自分に活を入れたところ、母親に

「さぁ、HOMA。日給5000円で大掃除するのよ!」

 と呼び止められ、泣く泣く掃除。何が悲しくて正月早々掃除をしなければならないんだ、と思
いながらも、冷蔵庫の上をたわしでごしごしこすります。今年はなぜが本格的。冷蔵庫の中身ま
でひっくり返して、おいおいそこまでやるのか、と突っ込みを入れつつ、ごしごし掃除します。

 さて、そこで僕たち姉弟は、お年玉袋なるものを見つけます。合計六個も!!

母「あー、一人三つずつもいらないよね?」
姉「ちょい待ちーな。そんなんないで」
HO「ほんとだ、ほんとだ」
母「でも、ちゃんと名前書いてあるん、この二つだけやし」
姉「そりゃないで。でも、いつもみたいにあたしらの口座に振り込んでくれるんやろ?」
母「いいえ、責任を持って生活費の中に組み込みます」
HO「はぁ~?」
母「ここ最近きついんだよねぇ~」

 などと言いつつ、結局手もとに来たのは一つもなかった。

 さて、手が空いたところで、冬休みの宿題なるものの後片付けをしようかと思い、机に向かうが、
五分で撃沈。敗因は難しすぎるところによる、心臓に対する圧力の増加でありまして、このままでは
軽く終わらない計算になります。

 無理無理無理。難しすぎるんだって!こんなものを生徒に解かせるなあぁぁぁ!

 新年早々、魂の叫びでした。
[PR]

by sinsekaiheto | 2007-01-01 18:01 | 日記