カテゴリ:小ネタ・~の話系( 5 )

寿命の話


先日、便座が折れた。

ばきっ、と爽快に折れてくれたから、何だかハッピーな気分になった・・・、じゃなくて。


十六年も生きてきたが、便座が折れるなんていう、珍事には、いまだかつて出会ったことがない。
我が家は、果てしなく物を大事にする家庭であるから、TVがある日煙を吹いた、なんて日常ちゃめしごとである。しかし、折れたものが便座、だなんて、恥ずかしくてブログに投稿することもできないではないか。

ということで、今日は物の寿命の話。



パナソニックのTVは平均して、五年ほどで買い換えるのがいいらしい。これは確かな筋からの情報なので、多分間違いないであろう。しかし、我が家の母はそのパナソニックのTVをなんと、十九年間酷使している。父と結婚した日に買ったらしいから、母と父との思い出のTVでもあるわけだ。

そんなTVも今ではリビングの隅に追いやられて、いま食卓から一番見えやすい位置ででかい顔をしているのは、シャープのTVでもある。これは買ってまだ十年過ぎであろうか。けれど、すぐに調子が悪くなる。なぜだろう。やはりパナソニック産のTVのほうが、持ちがいい。

電化製品は一度壊れると、「ああ、もういいや」と思って買い換える人も多いと思うが、我が家は違う。なんどもなんども修理を繰り返して、これでもかこれでもか、と酷使する。これが、TV十九年の、長生きの秘訣である。

しかし、TVをどれだけ長く使い続けたかというギネス記録があれば、それを作ってしまいたいくらいすばらしいTVを生み出した我が家であるが、家具のほうはいまいちである。

風呂場の取っ手は、この前壊れた。調味料のが入っている戸棚の取っ手も、だいぶ前に、僕が壊した。和室の障子は、今ではもう、ぼろぼろである。そして、今度の便座事件が、止めだろう。我が家は、崩壊の道を一歩一歩確実に、進んでいるのである。

などと、仰々しく書いてみたが、風呂場の取っ手も戸棚の取っ手も、まだ使える、という理由で壊れたのを放置している。こんな風に、我が家の便座もきっと、「折れてるけど、まだ座れるじゃん」などという軽いのりで、修理されることはないのだろう。


いったい我が家は、どれほど節約すれば、気が済むのであろうか。
[PR]

by sinsekaiheto | 2007-01-28 08:31 | 小ネタ・~の話系

幽霊の話


 
 今日は、幽霊の話をしたいと思う。そう、あのどろどろ、バーン、の幽霊である。

 さて、幽霊といっても、一体何について話すのだろうか?ちなみに、幽霊なんて科学的に証明できないのだから、そんなものはいないのだ!なんて、そんなことを言うのは野暮の骨頂というものだろう。よって、ここではそんな堅苦しい話はしない。

 幽霊であるが、実は、私は大の幽霊嫌いなのである。大きい、と書いて「だい」と読む、あの幽霊嫌いなのである。ホラー映画を見たその晩には、一人でトイレにも行けない、というくらい、幽霊嫌いなのである。

 部屋の隅においてあったビニール袋が、部屋が暗かったせいでなぜかライオンに見えてきて、その場所から一歩も動けなくなったり、電信柱がなぜか鶏に見えて、とても恐かったりと、私の幽霊嫌いは至るとところでその効力を発揮してくれている。

 幽霊を見た!という人は、ぞくぞくとあとを絶たないが、その幽霊もこんな勘違いなのではないか、などということも、やはり野暮の骨頂ということで、ここでは言わない。見た、という人がいるのだから、それは確かにいるのだろう。そこに、新しい生命体として存在しているのかもしれない。でも、そんなことはどうでもいい。ここでは、そんな話がしたいのではないのだから。

 心霊写真とか、幽霊の声が聞こえる、とか、そういった類の情報は、たくさんある。心霊写真は、何だか胡散臭いから信じないが、何を隠そう、私は幽霊の声が聞こえるCDで、その幽霊の声を、実際に耳にしたことがあるのだ!

 あれは、まだ私が中学二年生だった頃(ああ、懐かしい)、英語のMr..K先生(みすったKと呼ばれていた)が突然幽霊の声が聞こえるCDとか言って、授業中に流し始めたのだ。

 生徒は、彼の持ってきたラジカセに群がって群がって、実に大変なことになった。先生は、「ここが件の場所なんだがな・・・」と言いながら、聞こえない人のために何度も流した。私も例に洩れず幽霊の声が聞こえなかったので、何度も聞いた。だが、一向に幽霊の声らしきものは聞こえてこない。

 ここで、少し補足をしておくと、その幽霊さんは、好きなアーティストがいたらしい。そして、その人たちのコンサートに行く途中に、車に撥ね飛ばされ、他界。そして、はた迷惑なことに、そのCDに取り憑いて、自分の未練をたらたらと叫び続けるらしい。(その声のせいで、そのCDは反響を呼び、売れ筋はよかったらしい。これも怪我の功名ならぬ、幽霊の巧妙、という奴であろうか)

 さて、件のCDだが、何度か流されているうちにまどろっこしくなって、私はスピーカーに耳を押し付けて、聞いた。ええ、聞きましたとも。聞きましたけれど、何か?

 すると、あらまあ不思議、今までうんともすんとも聞こえなかった幽霊の声が、耳にすんなりと入ってきたではないか。

 車が、どこかに衝突した音の後に、女の人の声で・・・「私も聞きたかった・・・」
 ・・・・・・

 ああ、なんていうか、第一印象は、ああ、なんてこの女の人は早口なんだろうか、ということだった。自分の未練を語るくらいなのだから、もう少しゆっくり話してくれても良いのではないか。これでは、わくわくして聞いていた私が馬鹿みたいだ。

 そして、最近ふと思い出してみたのだけれど、この幽霊、本当に本当にコンサートを聞きたかったのだろうか?まるでこの幽霊の口調では、

「私も聞きたかった・・・(でも、もう死んじゃったから諦める)」

 みたいなニュアンスが込められているような気がする。おい、どういうことだ?これは。幽霊なら、ここはせめて、

「私も聞きたかったのに・・・呪ってやる

 ぐらいは言ってもらわないと、世間様に顔向けができないではないか。

 おおっと、そんなくだらないことをたらたらと書いていたら、意外と分量が稼げたので今日はここまで。
[PR]

by sinsekaiheto | 2007-01-21 15:34 | 小ネタ・~の話系

言葉の話

 この前、中華料理屋「餃子の王将」で、こんな言葉を聞いた。

「え~、ご注文は以上でよろしかったでしょうかぁ?」

 ・・・、以上でよろしかったでしょうかぁ?なんじゃそりゃ。

 傍に居合わせた父親と、何で過去形なんだ?とやいやい騒いでいたのだが、この言葉、最近はけっこう頻繁に聞かれるようになった。この言葉であるが、人によっては何も違和感を感じない人もいるらしい(ほんまかいな) というわけで、今日は言葉の話。

 この「よろしかったでしょうか」であるが、日本語の文法的には何も間違っていないらしい。それでも、違和感を感じている人と感じていない人ができるのは、次のような理由からである。

 よろしかった、というのは文法的には過去形である。そこから、ご注文をとったのを過去、だと考えている用法だということがわかる。つまり、注文をとったのは過去。そしてそれを現在確認しているのだから、過去形でも通用するのである。


 だから、この言葉には、

「(先ほどいただいた注文はこれこれこれでありますが、)ご注文は以上でよろしかったでしょうか?」
 
 という言葉が省略されているのである。お、こう書いていると、自分でも意外と様になっているのではないか、と勘違いしてしまいそうだ。わっはっは!

 そういえば、中学二年生のときに法隆寺に旅行に行ったときのことだが、こんなことがあった。近くにあった和食料理屋さんの前を通ったときのことだが、その店のお上さんが出てきて、

「ようこそ、いらっしゃいました~」と言ったのである。

 おい、さすがにそれはないだろう。いらっしゃいましたぁ~、って、何で過去形なんだよ。

 だれか、この疑問に答えてください。
[PR]

by sinsekaiheto | 2007-01-06 18:12 | 小ネタ・~の話系

涙の話

 皆様おはようございます。漫才見て爆笑中のHOMAです。

 チュートリアルおもしろいよね。あと、中川家。一度見たことのあるネタなんだけど、おもしろい。あと麒麟もおもしろいし。まあ、さすがM1優勝組みだね、って感じ。(おっと、麒麟はまだだったっけ)

 ところで、今日は涙の話です。あ、別に涙のメカニズムとか涙の成分について堅苦しく語ろうとか、そんなことではありません。今日語るのは、HOMAが涙もろくなったという事実であります。


 最近、何だか富に涙もろくなった気がして仕方がありません。一年前までは、どのドラマを見てもどの本を読んでもどの漫画を読んでも、感動の場面では、涙するどころか笑い飛ばしていたんですけど、最近では駄目ですね。もう、映画見るたびに、ドラマ見るたびに、涙ぼろぼろ。悲惨な状態。

 で、涙もろくなった、って言うのは言ってみれば感受性がよくなったということかな、なんておもっていたんですけど、よく考えりゃこれは母親からの遺伝だった。涙もろさって遺伝するんだよねぇ、っとちょっと発見。

 いや、話したかったのはそんなことじゃなくて、ここ一年あたりのうちに感動した本、ドラマ、映画を少し紹介しようかな、なんて思っていたんですよね。まあ、覚えているかぎり・・・。

 重松清「卒業」・・・仰げば尊し
 ドラマ「エンジン」  ちょっと古いけど。
 ドラマ「十四歳の母」
 瀬尾まいこ「幸福な食卓」
 映画「涙そうそう」
 映画「シャーロットの贈り物」
 浅倉卓弥「君の名残を・・・」
 乙一「君にしか聞こえない」
 などなど・・・。

 まあ、気になったかたは読むなり見るなりしてみたらいかがでしょうか。
[PR]

by sinsekaiheto | 2007-01-04 18:10 | 小ネタ・~の話系

暦の話

 今日は少し学のあるところを・・・。

 三年前の2004年に、閏年というものがありましたが、閏年についてちょっと蘊蓄。

 皆様も知っての通り、閏年というものは四年に一度やってきます。2004年に閏年がやってきたことからもわかるように、四の倍数の年に閏年はやってくるんですね。

 ところが、百の倍数の年は、四の倍数であるにもかかわらず閏年はやってまいりません。例えば、1700年とか1800年とか、ですね。さて、それはなぜでしょう。

 一年というのは、365日ですね。これは地球が太陽を一周するのにかかる日にちですが、これは正確には、おおよそ365日と5時間48分45秒。365日と6時間ぐらい、と思ってもらっていいんですけど。

 で、一年を365日にすると、少しずつずれが生じます。そのずれを解消するために閏年が導入されたわけですね。(1852年~・・・グレゴリオ暦)

 でも、それでも少しずつずれが生じるために、百の倍数の年には閏年を適応させない、となっているわけで・・・。

 ここで、オやっと思っている人もいるかもしれません。2000年はそういえば閏年であったど?、という人がいたら、ハイ、手を上げて!

 さて、ここでもあたらしい決まりがあるんですね。400の倍数の年は、閏年を適応する、という決まり、すね。

 四年に一度の閏年を導入しても、狂いがたまりにたまっていくと128年で一日の狂いが生じます。それを解消するためにルールが二つ作られたんですね。

●百で割れる年は閏年としない。
●四百で割れる年は、閏年とする。

 さて、ここで四百で割れる閏年ですが、今までこれが適用されたのは1600年と2000年だけですよね。だから、あの2000年の閏年はとても貴重なものだったんですね。だって四百年に一度って、体験するだけで大変だよ。ハレー彗星見るよりもむずかしいよ、これ。

 ってなことで、今日は暦の話でした。

 
[PR]

by sinsekaiheto | 2007-01-02 18:07 | 小ネタ・~の話系